根抵当権(ねていとうけん)

「不特定の」債権を極度額の限度において担保する抵当権のこと。通常の抵当権(普通抵当権)は、「特定の」債権を担保する。
特定の債権を担保するものではないため、附従性がなく、継続的な取引関係にある当事者間に生じる債権を担保することに向いている。

 

 

投稿日:

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.