資金繰り表(しきんぐりひょう)

一定期間における現金収支を表したもの。過去の現金収支の動きから、将来における資金の運用と調達を明らかにしていくことにある。通常は月ごとの月次資金繰り表を作成するのが一般的だが資金がひっ迫している中小企業は毎日の入出金を表す「日繰り表」を作る必要がある。銀行の与信においても支払能力を判断するための重要な資料。

 

 

投稿日:

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.