債務者区分(さいむしゃくぶん)

銀行が債務者(お金を借りた中小企業)の財務状況や資金繰り、収益力等から、総合的に評価し、 ①正常先、②要注意先(要管理先)、③破綻懸念先、④実質破綻先、⑤破綻先 の5つにランク分けし、融資対象になるか、金利をいくらにするかなど決めている。

 

 

投稿日:

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.