期限の利益(きげんのりえき)

借入金の契約やリース契約において、返済期限の到来までは債務の履行すなわち「お金を今すぐ返して」とは言われない債務者の利益のこと。期限が到来するまでは返済しなくてもいいという「債務者の権利」に対して、この利益を与える見返りとして、債権者は「利息」を受け取る。

 

 

投稿日:

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.