経営者の右腕として資金繰り・経営改善サポート業務

●経営者にとって右腕・参謀の存在は必要不可欠です

経営が順調な時は経営者一人でも判断をすることは可能です。少々間違った判断でも乗り越えることができます。
しかし資金繰りなどで窮地に陥っている時は正確な判断ができない、解決方法が見つからないことが多々あります。

また業績が好調、不調の波に関係なく経営には資金繰り以外にも悩みや困っていることが常に起こっているのではないでしょうか?

 

多くの経営者と話をする中で経営の悩みは大きく3つに分けられます。
・資金繰りなどお金に関する悩み(資金繰りが回らない、銀行・税金などの支払いが大変)
・売上の拡大、原価コストの削減(売上が増えない、ロスミスペケが減らない)
・人事労務の問題(社員が定着しない、思うように働かない)

 

中小企業は会社規模の大きさに関わらず「経営者は孤独」と言われます。
今まで悩み事は社長一人で判断、解決してきてしまったので、なんでも相談できる社員がいない。社外の知人に相談するにも業界内でウワサが広がってしまうのでできない。創業者ひとりで会社を大きくすることができたがゆえに直面する大きな壁です。

 

経営者は常に会社の今後を左右するような判断・決断をしなければなりません。そんな時に頼りになる右腕(参謀)となるとなる人材がいれば、経営者が間違った判断をしても、もしくは判断してしまった後でも誤りを正すことが可能になるのです。
また経営者の苦手とする部分を右腕(参謀)が補完することで、バランスのとれた良い経営を行うことができます。

 

過去の中小企業白書でも右腕(参謀)の有無によって会社規模が変わることが示されています。

第3-2-13図 「右腕」の有無と従業者数増加率
~「右腕」が存在している企業の方が従業者数増加率が高い~

資料:中小企業庁「人材活用実態調査」(2004年)
(注) 2001年度から2003年度にかけての平均従業者数増加率との乖離幅を表示している。
(参照http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h17/hakusho/html/17324110.html)

 

しかし、中小企業や創業まもない会社では右腕(参謀)の立場の人を雇い入れることは難しいでしょう。取締役や社内NO.2を雇用するには法定福利費や経費を含めて月50万円以上の人件費が発生するため、日々起こる問題・悩みごとを相談できる人材が周りにいないことが多いと思います。
豊臣秀吉の軍師として黒田官兵衛がいたように名を上げた武将には有能な参謀がいました。また、経営者にも松下幸之助には松下イズムを浸透させた高橋荒太郎がいました。
経営スピードが問われる現代でも中小企業には右腕(参謀)が絶対に必要なのです。

 

●当社が経営者の右腕(参謀)となります


当社は一般的なパートタイマーや新入社員の人件費程度の金額で幹部社員(経営者の右腕(参謀))となり、日々起こる問題・悩みに経営者と一緒になって解決します。また経営者が掲げる経営目標も達成できるようにお手伝いします。

当社では事業再生コンサルティング会社での勤務経験と人脈を活かし「資金繰り」に関する悩みを解消することを得意としています。これは右腕(参謀)でも経験が無ければなかなか対処するのは難しいことです。
半年後には資金繰りがショートする、という状況で知識が無いまま間違った対応を取り時間だけが過ぎるのは会社存続にとって非常にマイナスです。

こういった緊急事態の場合は、経営者が取るべき対策に優先順位をつけ行動してもらうことが重要です。
この場合でも当社ではコンサルタント目線の一方的な押し付けではなく、経営者、社員、取引先、家族の目線を加味した対策をとっています。だからこそ、経営の立ち直りがスムーズに進むのです。これはある程度の修羅場を経験したコンサルタントからしか手に入るものではありません。

 

このようなことを感じたことはありますか?
・経営判断に迷った時に助言をしてくれる人材が必要と感じている
・日々起こる些細なことでも相談に乗ってほしい
・経営目標を達成するために一緒になって行動・サポートしてくれる人材が欲しい
・銀行交渉ではいったい何を話せばいいかわからない
・メインバンクに良い評価を受けるような経営に取り組みたい
・税理士に頼んだが経営計画書の作成方法がわかっていなかった
・毎月試算表がすぐにできる体制を作り計画実績の管理をしたい
・経理業務の効率化、見える化、スピードアップ化をすすめたい
・顧問税理士は決算書を作るだけで経営指導をしてくれない
・経営を立て直す方法がわからないのでサポートが必要
・経営の中身まですべて見せるから現状を変えてほしい

当社のこのような業務に興味を抱いた、詳しく聞いてみたいと思われましたら、まずは現状の悩みや困りごと、将来の目標などお気軽にお聞かせください。問合せフォーマットはこちら

 

●報酬について

上にもお伝えした通り、当社は一般的なパートタイマーや新入社員の人件費程度の金額で幹部社員(経営者の右腕(参謀))となり、日々起こる問題・悩みに経営者と一緒になって解決します。また経営者が掲げる経営目標も達成できるようにサポートしています。
そのためにはお客様の会社に深く関与するためコンサルタント報酬は下記の料金表となります。

経営改善を行い、将来の目標を達成することを本気で考えている経営者を昼夜問わずサポートするにはどうしてもある程度の報酬をお願いしなければならないと判断し金額を決めさせていただきました。

基本料金
月額顧問料(税込み):86,400円 ~ 216,000円 + 交通費実費

注)売上高、訪問回数、コンサル難易度によって料金は変動します。多くのお客様が9万円~17万円でご契約いただいています。これより低い場合もありますが、基本的な考え方は月額顧問料 × 12ヶ月(1年)で改善できる営業利益または資金繰り(リスケジュール対応含む)です。

 

 

ご相談・お問合わせはこちら
ご相談・お問合わせはお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。 

お電話でのご相談・お問合わせはこちら

TEL:0120-740-105 (スマホの方は直接タップして電話可能です:平日9:00~20:00) 

メールでのご相談・お問合わせはこちら

▶お問合わせフォームはこちら 

  経営者の右腕として資金繰りサポート経営計画作成支援資金調達サポート経理部長代行創業支援の対象地域は以下の通りです。

▶対応地域の詳細はこちら

関西地区全域(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県)
中国地区全域(岡山県・広島県・山口県・島根県・鳥取県)
四国地区全域(香川県・徳島県・愛媛県・高知県)
中部地区(愛知県・岐阜県など)

※その他の地域も相談に応じます。

 

投稿日:

Copyright© 資金繰り改善の経営相談|大阪の事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.