0120-740-105

対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

お急ぎの方は至急お電話下さい 平日9:00〜20:00対応可能
対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

よくあるご質問

Q1:どのようなコンサルティングをしてもらえますか?

A:中小企業の問題点は「資金繰り」にあらわれることがほとんどです。日々の経営の結果として「お金が有る、もしくは、無い」このどちらかになります。
「無い」又は「近い将来無くなる」ことを最優先に解決します。現状を把握し融資を受けたり、支払いを分割したりして資金を回します。その前提になる資金繰り計画、損益計画作成も行います。
資金繰り安定後は、会社再建に向けての具体的な行動計画をもとに予実管理、定期会議など一つ一つ改善施策を行います

Q2:金融機関への同行はお願いできますか?

A:はい、行います。経営者と共に金融機関に訪問し説明を行います。事前に経営者と共に計画作成を行い、問題点や解決策を共有したうえで金融機関、税務署など関係各所へ同行します。多くの経営者が何度も同行・説明する中で自分の言葉で交渉を行うようになっています。

Q3:経理・記帳体制が全然整っておらず月次試算表といった数字が無いのですが?

A:ご相談に来られる方の多くが2,3か月遅れの月次試算表しか作れていません。どんぶり勘定に近い経営をしている会社があります。また会議で話し合うべき重要な数字を把握していない、またはどんな数字が重要なのかわかっていない会社も多くあります。
計画作成の時点では精度の低い数字でも経理体制がしっかりしてくれば上記のようなことは解消されていきます。必要であれば提携税理士事務所をご紹介いたします。

Q4:無料相談の回数は何回ですか。またどんな相談でもいいのですか?

A:無料相談は、初回ご相談の一回のみとなります。
相談内容は中小企業の経営に関することや悩みであれば、どのようなものでも受け付けております。
よくあるご相談内容としては、
「銀行融資がストップした。銀行の態度が変わった」
「資金繰りが間に合わず業者への支払いができない」
「税理士、弁護士に会社の継続は難しい。倒産するしかないと言われた」
「お金が残らない。決算書を読むこともできず、自社がどういう状況かわからない」
などがあります。

Q5:初回無料面談相談に必要な資料などはありますか?

A:決算書(3期分)
月次試算表・月次推移表
資金繰り表
借入金一覧表
不動産謄本
会社パンフレット

上記資料などがあればアドバイスも的確になります。無くても構いませんが、無料面談を有効に活用していただくためにできるだけご用意ください。
御社での資料作成より資金繰り状況といった「スピード」が優先されることがあります。資料作成の時間がかかってしまうという方はお気軽にご相談ください。

Q6:相談内容が外部に漏れたりすることはありますか?

A:ご安心ください。お客様から頂いた情報は厳重に管理いたしますので、外部に漏れることは一切ございません。

Q7:顧問契約までの流れはどうなっていますか?

A:基本的な流れとしては、
① 電話相談・無料相談を実施

② 場合によっては再相談(有料)

③ 具体的な会社再建の道のりをご提案

④ コンサルティング契約
となります。いずれにしても実際にお会いして無料相談を行い、再建への道のりをご理解していただけたうえでのご契約となります。

Q8:顧問契約料の支払方法を知りたい

A:基本的には銀行振り込みとなっております。また、前入金となりますのでご了承のほど、宜しくお願いいたします。

Q9:コンサルティング契約期間のしばりはありますか?

A:基本的には一年ごとの更新になりますがいつでも解約可能な契約となります。契約を終了したいと思えば、翌月から解消となります。

Q10:自社都合での契約解除は可能ですか?

A:はい。契約解除できます。契約途中でも、今後は自社で経営できる、または別のコンサルタント会社にお願いするといった場合でも遠慮なく契約解除してください。

Q11:コンサルティング契約期間中はいつでも電話やメールでの相談は可能ですか?

A:はい、緊急のご相談やちょっとした悩みまで受付しております。ただし、日中は他のクライアント様へご訪問している場合もあり、お電話がつながらないこともあります。何卒ご了承ください。(必ず折返し、ご連絡いたします)

Q12:地方への支援も可能ですか?

A:はい、可能です。会社にご訪問する際には、別途交通費をいただきます。

投稿日:

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.