増加運転資金 計画 資金繰り 銀行借入

リスケ中でも使える「条件変更改善型借換保証」とは

投稿日:

■条件変更改善型借換保証とは

保証協会による保証制度で2016年3月から取り扱い開始している制度
リスケジュール中の企業に対して借入一本化や追加融資を受けることができる保証制度

弊社クライアントでもリスケによって会社が延命し、その後の改善によって企業体力はついてきたが「新規融資を受けることができないため」にビジネスチャンスを逃す、または改善スピードが上がらない現実を目の当たりにしてきました
そういった会社が利用することで、さらに上のステージで経営できるようにするのがこの制度です

 

●経済産業省のHPでは…
『経営者に事業改善の意欲があるにもかかわらず、返済条件の緩和の実施により前向きな⾦融⽀援を受けることが困難な中⼩企業・⼩規模事業者を対象に、既往の保証付き融資を新たな保証付き融資に借り換え、更に真⽔(ニューマネー)を追加することを可能とする。これにより、対象事業者の資⾦繰りを⽀援する』

●簡単に言うと…
『リスケジュールした後に頑張って会社を改善しているのに、前向きなお金を借りれない中小企業に対して追加で借りることができるようにしますよ。もしくは毎月の返済負担を軽くしてあげますよ(保証協会のおまとめローンのようなもの)』

ということです

 

毎月の返済を軽くするスキーム図

(経済産業省HP:http://www.meti.go.jp/press/2015/02/20160222003/20160222003-2.pdf)

※スキーム図では
毎月22万円の返済(2本、残り4年と7年)を毎月9万円の返済(1本化、残り15年・元金据置1年含む)
と借換えており毎月の返済が▲13万円減少し資金繰りが回りやすくなっています

 

■保証を受ける条件は…

 

この保証は魅力的ですが少しハードルがあります
それは
・返済条件の緩和に⾄った経緯等の状況説明書を作成すること
・⾦融機関及び認定経営⾰新等⽀援機関の⽀援を受けつつ、事業計画を策定すること
・策定した事業計画の進捗報告を⾏うこと
この3つが条件になっています

まず状況説明書を作らなくてはなりません

(東京信用保証協会:www.cgc-tokyo.or.jp/download/cgc_johenkarikae-jokyosetsumei.pdf)

状況説明書と作ると言っても事業計画を作る時に
・なぜそういう状況になったのか?
・いくら必要なのか?
・毎月いくら返済できるのか?
などなど…検証するのでこの制度でなくとも作成するものです

進捗報告に関しても保証協会付き、プロパー融資にかかわらず
毎月試算表を元に報告するのが本来の姿です

一番重要なのは
・⾦融機関及び認定経営⾰新等⽀援機関の⽀援を受けつつ事業計画を策定
です

・全ての金融機関は認定支援機関となっているのでメインバンクの担当者に相談してみるか
・もしくは、民間コンサル会社で認定支援機関となっているところに依頼する
ということになります
(弊社は認定支援機関ではありませんがパートナー税理士が認定を受けているので対応可能です)

状況説明書や事業計画策定から融資後の進捗報告(モニタリング)まで不慣れな社内ですべて行うのではなく
認定支援機関の協力を受けながら進めていくことで改善スピードは上がります

今までの「借りたらあとは返済だけしとけばいいやろ。いちいち銀行はうるさいな」という考えがリスケジュールをしなくてはならないような経営悪化につながったはずなので、この制度を利用することをチャンスととらえて「計画策定・進捗管理」を徹底的に行い銀行に高評価を受ける会社に変わってくださいね

 

■対象となる中小企業

最後にこの制度の対象は
・保証申し込み時点において、信用保証協会の保証付き既往借入金の残高があること
・既往借入金の全部又は一部について、返済条件の緩和を行っていること
・金融機関及び認定経営革新等支援機関の支援を受けつつ、自ら事業計画の策定並びに計画の実行及び進捗の報告を行うこと

まとめると…
①保証協会付き融資をリスケしている
②認定支援機関の助けを借りて計画を作り進捗管理、報告ができる
です

制度活用でリスケを脱し、金融機関とうまく付き合うことで会社を大きく飛躍させましょう

(大阪信用保証協会HP:http://www.cgc-osaka.jp/guarantee-system/list01/)

※※※当社では、中小企業の資金繰り改善を中心に、経営改善・計画策定・実績管理、各種交渉の同行までサポートしています。詳しくは「サービスのご案内」をご覧ください※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…
ご相談フォームへお願いします。

【メルマガ】
『事業再生の現場から
~リアルレポート~』

クライアントの現場で日々起こる事件を
どう解決していくのか?
ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ご相談・お問合わせはこちら
ご相談・お問合わせはお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。 

お電話でのご相談・お問合わせはこちら

TEL:0120-740-105 (スマホの方は直接タップして電話可能です:平日9:00~20:00) 

メールでのご相談・お問合わせはこちら

▶お問合わせフォームはこちら 

  経営者の右腕として資金繰りサポート経営計画作成支援資金調達サポート経理部長代行創業支援の対象地域は以下の通りです。

▶対応地域の詳細はこちら

関西地区全域(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県)
中国地区全域(岡山県・広島県・山口県・島根県・鳥取県)
四国地区全域(香川県・徳島県・愛媛県・高知県)
中部地区(愛知県・岐阜県など)

※その他の地域も相談に応じます。

 

-増加運転資金, 計画, 資金繰り, 銀行借入

Copyright© 資金繰り改善の経営相談|大阪の事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.