原価 経営 資金繰り

粗利益を上げる方法(中小企業編)

投稿日:

■粗利を理解していない!?

 

粗利 = 売上高 - 原価

です

会社を経営してる以上、どの社長も理解しているハズですが…

粗利の概念が
・営業利益のことを粗利と思っている(固定経費まで入っている)
・銀行返済した後のお金の残高(負債の支払いまで入っている)
など混乱している社長がいます

税理士から決算書や試算表をもらってはいるのですが
中身まできちっと見ていないのでしょうね

試算表の中身を見ていなくても
資金繰りが余裕の会社は(給与、家賃、その他の固定経費銀行返済まで支払えている)
粗利がたくさんある会社(=他社より儲けている会社)
と言えると思います

■粗利(売上総利益)とは

 

粗利 = 売上高 - 原価
を分解すると…

中小企業の工場経営では

粗利 = (売上単価 × 売上数) - (材料単価、外注費単価 × 使用量)

となります

粗利をたくさん残そうとすると
① (売上単価 × 売上数)を大きくするか
② (材料単価、外注費単価 × 使用量)を小さくする
しかありません

しかし下請けの多い中小企業では
よほど業界でも珍しい商品でない限り
①の売上単価を上げるのは至難の業です

となれば
営業マン(=社長の場合が多い)が頑張って売上数を上げるしかない

 

または
②の材料費単価、外注費単価を下げることになりますが
最低限のところまで下げてもらっている会社がほとんどです

 

となれば
使用料を下げるしかありません
中小企業はここにムダがあることが多々あります

 

「材料の使用料なんて決まってる分量しか使わないよ!」
と社長は言いますが…

・ロスミスペケの分がどれくらいありますか?
・やり直しということは分量を倍使ったということですか?
・在庫分は将来的に使うと言ってますが、それ去年から聞いてますよ

見積もり段階ではキッチリ生産できて儲けがギリギリ
というレベルのはずです

材料の使用料がズレてくれば当然赤字になります
ロスミスの場合は材料に加えて
やり直しのための人件費が増加します

また他の受注を後回しにすることで
納期がズレたり間に合わなくなることで
お客様に迷惑をかけることになります

どんどん粗利が少なくなる方向に進んでいくのです

 

■会社の花形は目に見える部署

 

会社の中でも花形は
営業部であったり新製品を考える企画であったりします

やった仕事が目に見える部署です

・営業は受注が増えれば全社員の仕事が増えるのが見えます
・商品企画は新しい製品ができればそれが見えます

そういった見える部署も大切ですが
中小企業では
成果が見えにくい部署が非常に大切なのです
粗利の式で言えば「使用料」の部分です

しかし使用料が減っても派手には見えません

見積もり通りの利益で製品が完成しても
「そりゃ当たりまえ、褒めることでもない」
と思われがちですが
見積もり通りの利益を取れない中小企業がほとんどです

大企業であれば
下請けに責任を取らせたり
大きな粗利が取れる価格で下請けに出しているので
使用料が少々増えようがダメージは小さいのです

 

■当たりまえを褒めて

 

中小企業が粗利を残していこうと思えば
・売上単価が上がるような珍しい商品を出す
・売上数を上げる
・使用料を減らす
しかありません

売上に関するところは
営業、企画部署が頑張る部分です
あとは外部のマーケティングコンサルに頼るくらいでしょうか

原価に関するところは
社内で改善するしかありません
「PDCAサイクルを継続してシッカリ回す」
という地味な作業を永遠に続けるのです

 

社長はそういったところはなかなか評価しません
気にはしているが積極的に評価までしないことが多いのです

 

中小企業が常に粗利を残すには
「珍しい商品を出す」のハードルは結構高い

実質的にできることは
・たくさん売る
・使用料を減らす
なのです

となれば社長の仕事は
・たくさん売る
・地味な仕事をする社員を積極的に評価する
ですね

当たり前のことを継続できる会社を作って
粗利を大きくしていってください

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…
ご相談フォームへお願いします。

【メルマガ】
『事業再生の現場から
~リアルレポート~』

クライアントの現場で日々起こる事件を
どう解決していくのか?
ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ご相談・お問合わせはこちら
ご相談・お問合わせはお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。 

お電話でのご相談・お問合わせはこちら

TEL:0120-740-105 (スマホの方は直接タップして電話可能です:平日9:00~20:00) 

メールでのご相談・お問合わせはこちら

▶お問合わせフォームはこちら 

  経営者の右腕として資金繰りサポート経営計画作成支援資金調達サポート経理部長代行創業支援の対象地域は以下の通りです。

▶対応地域の詳細はこちら

関西地区全域(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県)
中国地区全域(岡山県・広島県・山口県・島根県・鳥取県)
四国地区全域(香川県・徳島県・愛媛県・高知県)
中部地区(愛知県・岐阜県など)

※その他の地域も相談に応じます。

 

-原価, 経営, 資金繰り

Copyright© 資金繰り改善の経営相談|大阪の事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.