建設業 相談内容 資金繰り

建設業のお金の流れは難しい?

投稿日:

■試算表を見てもわからない

社長
「試算表は毎月税理士に作ってもらっています」


「なるほど。内容の確認もされているのですね」

社長
「いやぁ…損益のところはみてるよ…」


「損益のところ、ってどこですか?」

相談に来られる社長でも
キチンと試算表を持参される方はおられます

しかし、内容をヒアリングし始めると
「資金繰りが大変だ!」
という話に終始してしまうことが多いです

もちろん資金繰りの相談に
来られているので当然なんですが…

建設業でお金が足りない状況として
・キチンと入金出金予定が把握できていない
・キチンと損益が把握できていない
・キチンと貸借が把握できていない
ことが考えられます

■小売業や製造業と少し違う

建設業は建設業会計が存在するように
少し他の業種より試算表だけでは
会社の内情を把握するのがややこしいです

入金に関しても…
他の業種では「売掛金」を使うので
簿記を知らなくても理解できます

しかし
建設業では
「完成工事未収入金」や「未成工事受入金」
という名前の科目で入金があります

これは
完成してからもらうのか?
まだ完成してないけど着手金や中間金でもらうのか?
で分けられています

工事が完成すれば
損益計算書もキチンと儲けがわかるようになるのですが

工事期間中は
お金が出て行くけれど原価には反映されていなかったり
入金があったとしても売上に反映されていなかったり
していて
「社長の頭の中の資金繰り」と
「税理士の作る試算表」
との間に大きなズレができています

 

■ズレを補完する資料たち

上記会話の社長も
試算表は見ているようです
当月までの経常利益も把握していました

しかし
毎月出来高で入金してもらっている工事の売上が
試算表に反映されていない
と不思議に感じています

実は
税理士の作る試算表は工事完成基準で計上されているので
このようなことが起こっていました
(これは会計基準の話で試算表自体は間違っていません)

社長の頭の中では
お金が残っているハズなのに
通帳残高はあとわずか…

この状況が続けば資金ショートしてしまいます

そこで
試算表を補完する資料が必要になるのです

資金繰り表だけでも
・計画資金繰り表(日繰り表、月次資金繰り表)
・実績資金繰り表(     〃      )
・差異資金繰り表(     〃      )

損益貸借管理表も同じように
・計画・実績・差異表が必要です

他にも
・受注一覧
・入金予定一覧
・業者支払予定一覧
・工事台帳
などなどを必要に応じて作成し
試算表と資金繰りのズレを埋めなくてはならないのです

 

しかも
「資料を経理部に作らせたら終わり」
ではなく
毎月経営幹部が数字の把握をし
計画との差を分析し改善点を見つけていく努力が必要です

 

■気がつけば負債ばっかり増えている

多くの中小企業ではここまで管理していないのが現実です

多くの社長が創業からしばらくは
「儲けが出て資金繰りが回ればええわ」
という感じでいます

しかし
業績が上がってくるにつれて
資金繰りがしんどくなってくることを経験します

工事案件が並行して数件入ってくると
現場担当者に入出金を確認することもおろそかになり
大きな赤字を垂れ流すことにつながっていくのです

初めのうちは銀行借入で何とかなっていたとしても
借入残高が増えすぎると融資を止められてしまうので
たちまち資金ショートに陥ります

ここで初めて
「ああこのままの管理体制ではダメだな。
お金を借りても全部垂れ流しになって
負債ばっかり増えてるな…」
と気づくのです

気づくのは早いに越したことはありません

試算表をベースに色々な資料を駆使して
資金繰りに困らない利益の残る会社を作ってください

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…
ご相談フォームへお願いします。

【メルマガ】
『事業再生の現場から
~リアルレポート~』

クライアントの現場で日々起こる事件を
どう解決していくのか?
ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ご相談・お問合わせはこちら
ご相談・お問合わせはお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。 

お電話でのご相談・お問合わせはこちら

TEL:0120-740-105 (スマホの方は直接タップして電話可能です:平日9:00~20:00) 

メールでのご相談・お問合わせはこちら

▶お問合わせフォームはこちら 

  経営者の右腕として資金繰りサポート経営計画作成支援資金調達サポート経理部長代行創業支援の対象地域は以下の通りです。

▶対応地域の詳細はこちら

関西地区全域(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県)
中国地区全域(岡山県・広島県・山口県・島根県・鳥取県)
四国地区全域(香川県・徳島県・愛媛県・高知県)
中部地区(愛知県・岐阜県など)

※その他の地域も相談に応じます。

 

-建設業, 相談内容, 資金繰り

Copyright© 資金繰り改善の経営相談|大阪の事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.