0120-740-105

対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

お急ぎの方は至急お電話下さい 平日9:00〜20:00対応可能
対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

原価 振返り 経営 資金繰り

資金繰りに悩む前に「ロス・ミス・ペケ」に悩むべき

投稿日:

■売上減少は製造ラインをパワーアップするチャンス

社内改革より今は資金繰りだ!という社長との面談

社長
「あと3,4ヶ月は資金繰りも何とかなりそうだけど、半年後が不安だ」


「確かに資金調達の必要がありそうですが…並行してやるべきことがあります」

社長
「今は資金調達のことで頭がいっぱいやねん」


「社長、資金繰りだけ考えててはこのアリ地獄から抜けれませんよ」

売上が拡大する局面では
銀行も融資を惜しみませんので
資金繰りはスムーズに回ります

しかし売上の増加が止まったり売上が下がり始めると
どれだけうまく資金繰りをまわせるかが勝負です

会社を傾かせることなく
次のチャンスに備えることができるかがポイントです
そんな状態の時こそ
社内に目を向けて製造ラインの改革(原価改革)をするチャンスです

■ロス・ミス・ペケの破壊力

資金繰りに対する破壊力は以前のブログでも書きましたが
ブログ
『赤字から逃れられない「製造ロス」の破壊力!』
http://shikinguri.co.jp/170904/

ひとつのロスで利益が吹っ飛びます
再生産に係る材料、時間もそうですが
得意先からの信頼が大きく崩れます

売上が停滞しているときこそ
落としてはいけない得意先ばかりのはずです

営業マンが謝罪に行くコストもありますが
次の注文が無くなるコストの方がよほど大きいのです

 

■作業はできるが仕事ができない

製造業では流れ作業で工程を進めていくことが多くあります
長年勤めている社員は「慣れ」で作業を進めます

「慣れ」自体は悪いことではないのですが
「慢心」になるとたちまちロスが増えます

製造ラインで「慢心」が起こらないような仕組みを作ることも大切ですが
「慢心」が起きたとしてもロスにならないようなチェック体制を作ることも大切です

作業だけしている社員が増えると
ロスを防ぐ体制を考えることができなくなります

現場を仕切る管理職ですら作業に流され始めると
どこに問題が潜んでいるかを見つけることもできなくなり
結果的にロスが増加している現場をいくつか見てきました

 

■謝罪より原因追求が大切

ロスが発生すると
①社内で犯人探しが始まり
②誰かを吊るしあげて責任を押しつけ
③それで終わり
という会社があります

確かに責任の所在は明確にするべきですが
それで終わりにしてはいけません

・意識レベルを引き上げればいいのか
・スキルレベルを引きあげなければならないのか
・検査などの機械を導入するだけでいいのか
など
原因を見つけたら明日から何をどう改善するのかを決めることが必要です

例えば
意識改革するなら…
・朝礼、終礼で毎日確認することでいいのか
・外部コンサルタントに根底から意識改革してもらうのか

スキルレベル引き上げるなら…
・慣れを排除するために定期的に部門移動させるのか
・教育や試験によるレベルアップを目指すのか

機械導入するなら…
・資金繰りに与える影響はどうなのか
・人を雇用するより効率は上がるのか

などなど対策を細かく決めなければなりません

誰かが責任を負って始末書を書いて終わり
では資金繰りに与える破壊力を防ぎきることはできません

 

■それでもロスが減らないのはなぜなのか?

いろんな対策が会議で決まり実行しています
それでもロスが減らないのはなぜなのか

簡単に言うと
どの会社も対策を実行した後の振返り・反省が少ない
です

ロス・ミス・ペケをゼロにするのはとても難しいことですが
「ゼロにする」という目標に向かって
常に対策を打ち続ける必要があります
対策をしたからもう大丈夫ということはないのです

「対策をしたのにロスが出た。それは次の工程でミスをしたからだ
我々の部署は対策をしっかりしたので責任はない!」
となっては最悪です

社内がバラバラに崩れていくのは時間の問題となります

売上の拡大が止まった時こそ
ロスを減らして利益を残せる会社に変わるチャンスです

「対策を実行したら振り返る」

これを地道に続ければ
次に売上が拡大した時は、今まで以上の利益を出せる会社に変わっています

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…
ご相談フォームへお願いします。

【メルマガ】
『事業再生の現場から
~リアルレポート~』

クライアントの現場で日々起こる事件を
どう解決していくのか?
ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ニュースレターを購読します

-原価, 振返り, 経営, 資金繰り

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.