0120-740-105

対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

お急ぎの方は至急お電話下さい 平日9:00〜20:00対応可能
対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

コンサルタント 増加運転資金 相談内容 資金繰り

資金繰りが苦しい時にこそ気づくべきこと

投稿日:2018年2月16日

■会社を存続したい社長の相談

社長
「社員も定着して売上も少しずつ上がってきている。ここからなのにお金が足りない」


「少し話は変わりますが、頭の中に3年後の目標はありますか?」

社長
「ある。今の年商の2倍をやりたい」


「根拠はありますか?」

社長
「毎年1億円ずつ増やして3年で3億や」

 

 

相談でこういうやり取りを
躊躇なくできる社長は50%くらいでしょうか
残り50%の社長は
「3年後…それより目の前の資金繰りが大変で考えられへん」
という会話になります
問題点が明確でいいことではあります

そういう社長が3年後の目標を持ってないかといえば
そんなことはありません

皆さん頭の中には持っています
・本業でやりたいこと
・達成できていないこと
・もちろん年商の目標額も

■目の前の資金繰りをかたずけてから。

相談に来られた社長は
資金繰り状況を詳しく話してくださいます
・どこどこに支払いを待ってもらっている
・銀行にこの資料をもって申込に行った
などなど

弊社に相談に来られているので
資金繰りの話になるのは当然ですし
対応策をお伝えすることも大切です

しかし資金繰りだけにフォーカスしてしまうと
どうしても対処療法的なノウハウを解説するだけになってしまい
「なぜ今資金繰り対応をしなくてはいけないのか?」
「何のために業者や債権者に頭を下げないといけないのか?」
がわからなくなるのも事実です

※会社を存続させる、ためなのはわかります
会社を存続させるのはなぜなのか?がどこかへいってしまうのです

目の前を何とかしようとするあまり
つぎはぎだらけの解決策を探していることがよくあります

■問題の本質は資金繰りではない。こともある

そんな時
視点を変えて解決策を考えるために
上記のような会話をします

『頭に中にある目標に到達する方法は
目の前の資金繰りを何とかする以外に無いのか?』

いろいろ社長と話していると
本当の問題は
資金繰りではなく
社長のやりたい仕事をできていないことではないのか?
と話は広がっていきます

※とは言っても
多くの場合、目の前の資金繰りを何とかしなくてはいけないのですが…

■問題を解決する順番が大切

弊社のコンサルティングで得られる結果は
簡単に言うと
①資金繰りが何とかなって
②会社が存続する
です

いちいち3年後の目標など議論しなくても
資金繰りノウハウだけをお伝えしても
得られる結果です

しかし
問題の本質に向き合わず
「目の前の資金繰りが何とかなった~」
と安心してしまうと
もし、また資金繰りが苦しくなった時に
同じことの繰り返しに心が折れてしまいます

対処療法ばかりで会社を存続させると
「何のためにこの事業をしているのか?」
がだんだん消え失せて会社存続の意味が
自分でもわからなくなるのです

大切なことは
①この目標を達成したい
②そのために必要なことをする
③その必要なことは資金繰りだ
という順番で考えることです

③が資金繰りでは無いのであれば
資金繰り以外の解決策を全力で取り組みます

一度立ち止って視点を変えて
問題の本質が何なのか考えて見てください

考えてる間に資金ショートしそうな場合は…
今すぐご相談ください!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…
<a href="http://shikinguri.co.jp/reserve/">ご相談フォーム</a>へお願いします。
【メルマガ】
『事業再生の現場から
~リアルレポート~』

クライアントの現場で日々起こる事件を
どう解決していくのか?
ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ニュースレターを購読します

-コンサルタント, 増加運転資金, 相談内容, 資金繰り

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.