相談内容 経営 計画 資金繰り

創業から18ヶ月目の壁を超える方法

投稿日:

■創業後しばらくして社長が陥る不安

飲食業を創業して1年半くらいの社長と面談相談にて


「現在はまだ運転資金は残っていますか?」

社長
「はい、しかし毎日不安で不安で眠れません」


「毎月どれくらい減っていっていますか?

社長
「ザっとですが先月は150万円減っていました」


「結構減っていますね創業してからはいくら減っていますか?」

社長
「トータルで1000万円くらいです…」


「そりゃ不安になりますよね…」

この会社は新規出店にあたり
経費をかなりかけてしまい運転資金が乏しかった

・店舗内装で1000万円(銀行借入)
・厨房機器で1000万円(リース)
(お店を見ていないので、この金額が高いのか安いのか判断できませんが…)
現在、利益を回収できていないことを考えると
高かったのかもしれません

■計画が甘かったのではなく…

創業時にどれだけ細かく計画を立てても
うまくいかないことはたくさんあります

というより
計画通り順調に進むことの方がまれです

この社長のお店はOPENから半年間は
それなりにお客様が来ていたようです
独立してそれなりにうまくいって
自信マンマンになっていたとのこと

そんな時に堕ちる落とし穴は…
・社長が計画にないお金を使い始めた
⇒ さらに内装にお金をかけてしまった

というのもお客様と…
「太陽の光をもっと入ってくるようにすればいいのに!」
と言う会話で改装を決断してしまったのです

お客様に喜んでもらおうとしているので
行動としては正しいのですが
経営者としては少し判断を早まったと思います

創業時には計画書を一所懸命作りましたが
追加で改装する時は「勢い」でお金を借りてしまいました

銀行担当者と適当な計画を作って
融資を受けてしまったのです

まあ調子に乗ってしまった…
ということです

■会社が軌道に乗るまでは「不安」しかないが…

「勢い」よく融資は受けたのですが
お店の勢いは徐々になくなっていきました

そうなると
月々の銀行返済、リース支払いや固定経費の支払いが
重たく感じるようになります

従業員の行動一つ一つに文句を言いたくなります
(順調な時は全く気にもならなかったのに…)
イライラが募りお店の雰囲気も悪くなっていきました

こんな経営者が
日々の不安を消す方法は
・計画と実績がどれくらいズレているかを認識する
しかありません

悪いなら何がズレているのか
・来店数、客単価、提供時間、声をかける回数など
社長がこの業界で培ってきた経験を
全て数字にして結果を比較するしかありません

税理士に試算表を作ってもらっても
こういった数字は試算表には書いてありません

試算表は結果として
「売上」が下がっていたり
「利益」が少なかったりを
確認できるだけなのです

■意外と記録していない

試算表を毎月確認するのも大切ですが
日々、現場でカウントできるものを記録して
経営状況を細かく把握しなければなりません

よく
「忙しくていろいろ記録できない」
と言われます

確かに忙しい側面もありますが
「結果を見るのが怖くて記録をしない(内容をまとめない)」
方が多いように思います

■創業から3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、18ヶ月はチェックポイント

経営内容にもよりますが
銀行にお金の相談をするときに
「なんとかお金を貸してほしい(=赤字補てんしたい)」
だけでは基本的に審査はとおりません

試算表や決算書には表れていない数字(・来店数の推移など)を
細かく把握し計画書に落とし込めないと
銀行も審査のしようが無いのです

上記の借入では担当者と
鉛筆ナメナメ計画を作ってしまっていますが
必ず返済に窮するようになります

 

創業してから軌道に乗るまで
独立した時にお金がいくらあるかによりますが
・3ヶ月目に「あれ?」
・6ヶ月目に「ヤバい?」
・12ヶ月目に「なんとかしなきゃ」
・18ヶ月目に「誰か助けて、教えて…」
となる相談が結構多いです

それぞれ経過月に自分の経営を振返って
計画と実績のズレを把握してください

「成績が悪いから振返っても一緒や!」
はダメです
振返らなければ悪いままです

気分は悪いでしょうが
不安を日々の不安を払しょくするためにも
覚悟を決めて振返りを行ってください

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…
ご相談フォームへお願いします。 【メルマガ】
『事業再生の現場から
~リアルレポート~』
クライアントの現場で日々起こる事件をどう解決していくのか?ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ご相談・お問合わせはこちら
ご相談・お問合わせはお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。 

お電話でのご相談・お問合わせはこちら

TEL:0120-740-105 (スマホの方は直接タップして電話可能です:平日9:00~20:00) 

メールでのご相談・お問合わせはこちら

▶お問合わせフォームはこちら 

  経営者の右腕として資金繰りサポート経営計画作成支援資金調達サポート経理部長代行創業支援の対象地域は以下の通りです。

▶対応地域の詳細はこちら

関西地区全域(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県)
中国地区全域(岡山県・広島県・山口県・島根県・鳥取県)
四国地区全域(香川県・徳島県・愛媛県・高知県)
中部地区(愛知県・岐阜県など)

※その他の地域も相談に応じます。

 

-相談内容, 経営, 計画, 資金繰り

Copyright© 資金繰り改善の経営相談|大阪の事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.