0120-740-105

対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

お急ぎの方は至急お電話下さい 平日9:00〜20:00対応可能
対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

リスケ 倒産 相談内容 資金繰り 銀行借入

緊急時に、支払い優先順位が重要なワケ

投稿日:

■その支払い順序では、商売ができなくなります

ある日、運送会社の社長との電話相談にて…


「なるほど、リース会社が車両を持って帰ると言っているんですね」

社長
「はい、延滞額が大きくなりすぎて払えないなら乗って帰ると…」


「銀行の支払いは毎月送れずに払っているんですか?」

社長
「そうです、銀行を怒らすと借りれなくなるので延滞はしていません」


「リース車両を持っていかれると商売ができなくなります。
どのみち融資を受けることができないなら、銀行支払いを待ってもらいましょう」

詳しく聞くと
既にリスケジュールをしているようで
追加で借りれる状態ではないのですが…

リスケジュールをしてからも
一度も資金繰りの悩みから解放されたことはなく
頭を抱えておられました

というのも
会社が払える毎月支払える返済金額を
細かい再生計画に基づいて算定したわけではなく

前年の決算書をもとに
銀行側が「だいたいこれくらいは返せますね」
という金額を毎月返済していたからです

■資金繰りの状況は日々変わる

銀行に対して
リスケジュールに応じてもらった恩義はある

なので
今後のことを考えて銀行には優先的に返済しているのです

しかし
キチンとした計画を作って返済金額を
決めたわけではないことが
資金繰り破たんを引き起こしていました

①銀行の返済を優先することで

②リース会社への支払いを滞らせ

③車両が取り上げられてしまいます

④そして本業を行うことができず…

「銀行返済を優先して倒産」

これでは本末転倒です

※銀行も貸したお金を回収できなくなります

■全体を見て支払い優先順位を考える

だから銀行へ返済しなくていいというわけではありません

キチンと経営再生計画をたてて
今後どうやっていくら返済していくのかを
明確にして承認をもらわなくてはなりません

その計画書は
保証協会にも、リース会社にも
遅れているなら税務署、年金事務所にも説明して
「こうやって再生していくから協力してほしい」
という想いを伝えなくてはなりません

その計画書の中で
未払金の解消方法、支払金額、支払いの順番
を明確にし
優先順位が低い債権者には
頭を下げに行かなくてはなりません

「声が大きい債権者から支払う」
ことをしてしまうと
みんな声を大きくして請求してきます

絶対に計画にそって行動することを
債権者の前で宣誓し、承認をもらうのは
社長がイレギュラーな行動をとらない為でもあります

■承認されたらやることは一つ

債権者から承認をされたら
迷わず計画に沿って実行です

計画通りにいかないこともあるでしょう
「あ~計画通りにいかなかった。残念」
で終わってはいけません

なぜ計画通りにいかなかったのか?
原因を徹底追及して
明日からの行動を変えるのです

毎月毎月良くても悪くても
承認してくれた債権者に報告です

こうすることで社長が「経営」から
逃げることができなくなり
実際に「改善して行動」を繰り返すしかなくなります

■本当にこのまま会社を続けていっていいのか?という疑問

再生計画を作る段階で
将来のことを考えると思います

・このまま続けて意味があるのか?
・息子にこの状態で会社を引き継いでいいのか?

今は資金繰りのことばかりで
5年後、10年後まで意識が及んでいない社長が多いです

この経営危機に陥った時が
自身の「経営」を振返る大きなチャンスです

振返りの中に「疑問」の答えはあります

とはいっても
将来のことは今すぐ決められるものではありません

将来のことを考える時間が必要です
それを財務面で支えることは可能です

倒産しないように時間を稼ぐことが必要です

上の話で言えば
「銀行に返済するのではなく、リース会社に支払って本業を続けれる状態を作る」
ことが時間を稼ぐということです

迷っていても時間は止まってくれません
前進しながら最善策を考え行動していきましょう

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…
ご相談フォームへお願いします。 【メルマガ】
『事業再生の現場から
~リアルレポート~』
クライアントの現場で日々起こる事件をどう解決していくのか?ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ニュースレターを購読します

-リスケ, 倒産, 相談内容, 資金繰り, 銀行借入

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.