0120-740-105

対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

お急ぎの方は至急お電話下さい 平日9:00〜20:00対応可能
対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

倒産 相談内容 資金繰り 銀行借入

今、運転資金が必要。借りれなければ先はない。

投稿日:

■年末に向けての仕入資金がない

ある電話相談にて…

社長
「年末までにまとまった資金が必要なんです。借りれるところありますか?」


「まず、メインバンクや保証協会に事情を説明していますか」

社長
「メインバンクにはお願いしましたが断られました」


「そうですか…。お金は何に必要なんですか?」

とにかく
借りたい借りたいとのことだったので
詳しく話を聞いていくと…

よくある赤字補てんのための
運転資金借入ではありませんでした

ここ半年間でメイン仕入先に
未払金が発生しており
年末までに残額の2/3を払わないと
取引停止になるから
どうしてもお金が必要とのことでした

■会社が無くなっては元も子もない

一度、細かく決算書と試算表をみてから
どうできるか判断したいので
有料面談に行くことにしました

未払金が発生した理由は
経常的な赤字で積みあがったものではなく
9か月前に発生した得意先の倒産によって
突発的な資金不足になったことでした

倒産防止共済からの貸付金は
少額しか借りられず焼け石に水だったのです

いろいろ資金繰りをしながら
メインバンクと交渉して来たのですが
融資上限を超えるので対応できないと
言われていました

■今、お金が必要。借りれなければ先はない

得意先の倒産はどうしようもないことは事実です
しかし、自社が改善すべき点もいくつかありました

①資金回収スパンが受取手形などで長いこと
②得意先の倒産の予兆はあったが、目をつぶっていたこと
③偏った得意先数社に売上、利益を依存していたこと
④利益、資金管理がずさんで利益剰余金が社内に少なかったこと
⑤仕入原価に対する意識が低かったこと
⑥……

いろいろあったのですが
これを改善するには時間がかかります

順番に改善して
結果が出るのを待つのも一つですが
そんな時間はありません

メイン仕入先と取引できなくなると
特殊な原料を仕入れることができなくなり
たちまち売上が激減します

一年で利益の1/3を稼ぐ繁忙期に仕入ができない
ということは
倒産をも引き起こす可能性があったのです

なので「今、お金が必要」なのです

■ひと安心しないことを前提に融資を受ける

去年の決算書で
融資はギリギリ可能かどうか
といった数字です

そうは言っても
借りなければ会社を続けることができないかもしれません

そこで数年前に借入金を完済し
取引が無くなっている信用金庫にも打診しました

結果は その信用金庫から1500万円借りることができました
・改善計画書の提出
・自宅に2番抵当をつける
ことで融資実行されました

これで仕入を継続することができるので
ひと安心…なのですが、ここで安心していてはダメです

・借入金残高は増加したので利息が増えている
・毎月の返済は今までより25万円以上増えている
・上に書いた改善すべきことはまだ何も改善していない
のです

借入金の契約書にサインする時に
「改善をすると肝に銘じて経営をやり直すこと」を
信金の担当者の前で宣言してもらいました

今は信金だけではなく
すべての銀行に対し
毎月試算表を提出しています 突発的な得意先の倒産で
資金繰りがタイトなことに変わりはありません
しかし一つずつ改善を進めて
少しずつですが剰余金を積み上げています

諦めずに銀行と交渉し
現状を打破していくのが経営者だと思います

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…
ご相談フォームへお願いします。 【メルマガ】
『事業再生の現場から
~リアルレポート~』
クライアントの現場で日々起こる事件をどう解決していくのか?ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ニュースレターを購読します

-倒産, 相談内容, 資金繰り, 銀行借入

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.