相談内容 計画 銀行借入

「事業性評価」のせいで借入が難しくなる!?

投稿日:

■電話相談にて、ある社長さんとの会話…


「銀行借入はどれくらいあるんですか?」

社長
「○○銀行と△△信金とか4つから合計7000万円と、保証協会から1500万円や」


「えーと、保証協会付きはどの銀行から借りているんですか?」

社長
「いや、保証協会から借りてるんやで」


「いや、えーと…」

なんか話がかみ合いませんw

この社長の勘違いは
・お金を貸してくれているのは「銀行」なのに
・返済できなくなった時に変わりに返済してくれる「保証会社」から
お金を借りていると思っていること
です

まあこういう社長の勘違いは
めったにない話なんですが……たまにあります

銀行さんもどういう説明で社長と契約したんでしょうか?

「保証協会が100%保証する商品です」
とか
「万が一返済ができなくなった時は保証協会が全額返済してくれるので大丈夫です」
とか言っているのでしょうか(言わないか…

大丈夫なのは銀行であって
社長じゃないですけど…

まあ
銀行の説明は正しいです

でもその説明では
「銀行はリスクを負いません」と聞こえますし

銀行は保証協会と社長をつないでるだけで
支払利息という仲介手数料をもらっているだけのような気がします

■事業性評価とは何なのか?

最近、銀行では
「事業性評価融資」が重要視されています
(ということになっています)
どんな融資かというと
会社の「経営者能力」や「経営戦略」をより積極的に評価する融資です

連帯保証人、担保、金利などでリスクを軽減するのではなく
事業そのものの収益性を重視してお金を貸すのです

これは銀行の担当者に
事業に対する「目利き」が求められるので
担当者には非常に難しいことです

今まで
「保証協会付きだったら融資しまーす」
といっていた銀行マンは目利き力が養われていないので
大変です

銀行も中小企業と同じように
ダメな会社は消えていく運命という
淘汰の時代がますます近づいてきています

■中小企業の社長も時代に合わせて変われる人が残る

中小企業の社長さんたちも
同じように意識を変えていく必要があります

「前は貸してくれたやんか」
「自宅担保入れてるやん」
は通用しなくなります

しっかりと自分のビジネスを把握して
将来のビジョン、計画、どうやって実行していくかを
明確に説明できるようにならなくてはいけません

極端な例ですが…
・腕っぷし一本でやってきた!
・ウチは誰にも負けない「ええもん」作っとる!
・社員がよく働くエエ奴ばっかりや!
・今までの実績見てみい!

社長の自信が現れた素晴らしい説明だと思いますが
これでは融資は受けることができなくなります

キチンと自分の会社の
経営計画とアクションプラン(行動計画)を
一度紙に落としてみてください

意外と
社長の思っていることを全て説明する計画
を作るのは難しい
です

しかし、難しいからといって
説明できなくていいというわけではありません

時代に置いてけぼりにされないよう
自分のビジネスを今一度しっかり見直していきましょう

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…
ご相談フォームへお願いします。 【メルマガ】
『事業再生の現場から
~リアルレポート~』
クライアントの現場で日々起こる事件をどう解決していくのか?ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ご相談・お問合わせはこちら
ご相談・お問合わせはお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。 

お電話でのご相談・お問合わせはこちら

TEL:0120-740-105 (スマホの方は直接タップして電話可能です:平日9:00~20:00) 

メールでのご相談・お問合わせはこちら

▶お問合わせフォームはこちら 

  経営者の右腕として資金繰りサポート経営計画作成支援資金調達サポート経理部長代行創業支援の対象地域は以下の通りです。

▶対応地域の詳細はこちら

関西地区全域(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県)
中国地区全域(岡山県・広島県・山口県・島根県・鳥取県)
四国地区全域(香川県・徳島県・愛媛県・高知県)
中部地区(愛知県・岐阜県など)

※その他の地域も相談に応じます。

 

-相談内容, 計画, 銀行借入

Copyright© 資金繰り改善の経営相談|大阪の事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.