計画 資金繰り

「やりくり」と「資金繰り」の違い

投稿日:

■確かに月末残高は分かりますが…

最近、相談に来られた社長との面談風景


「資金繰り表は持ってこられましたか?」

社長
「とりあえずピックアップしてみたよ」


「これは、入金一覧と出金一覧ですね」

社長
「なに?これでだいたいわかるよ」

たしかに
入金・出金一覧を
足したり引いたりしたら
今月末の資金がどうなるのか見えます

資料としても正しいのですが
「ほんで来月からはどうなるのですか?」
がわかりません

「来月のことなんかわかるかいな」
と社長は仰るけれど
10年以上商売をしてるのだから
だいたいわかっておられます

本心は
【資金ショートする現実をハッキリ数字で見たくない】
にあります

資金繰り表の付け方も
誰も教えてくれないのでわかっていません

だから
入金一覧、出金一覧を見て
【やりくり】しているのです

■将来の行動を決定づけるツール

来月、再来月、6ヶ月後
どうなっているのかはわかりません

しかし
こうなっていたい!(例えば…月末資金残が500万円ある!)
という目標に向かって行動することはできます

例えば
ハワイに行きたい!
と思えば

・一生懸命働いてお金を貯めて
・休みを一週間とるために段取りして
・飛行機のチケットを1か月前にとって

と具体的に行動できるのです

なんとなく日々過ごしていて
・気がついたらハワイにいる!
なんてことは起こりません

だから
月末500万円の資金を残すためにすることは…

・原価を下げるため工場の流れを検証する
・支払サイトを伸ばしてもらうため条件を考える
・経費を削減するためムダをピックアップする
・売上を上げるために営業会議をする
・眠っている顧客リストをに電話する
などなど

上記のアクションプランを
会議で決めるだけではなく
【資金繰り表に一つ一つ記入】
していくのです

■アクションプランの結果は数字に置き換えると…

アクションプランを数字に置き換えるというのは

・買掛金は在庫を工夫して使うので3ヶ月間は10%減るので○○万円
・○○商会さんは支払いサイトを伸ばしてくれそうなので1ヶ月遅れで払う
・ムダな会費は退会することで無くなるのが○○円
・2ヶ月後くらいに過去客を復活させるキャンペーンをするので売上は○○万円上がる
となります

将来のことなので
100%正解はありませんが
アクションプランを考えることで
数字は決まってきます

これが
【資金繰り】
です

入金一覧、出金一覧(=やりくり)との違いです

だから
資金繰りを作るのは難しいし
骨が折れるのです

しかし
とてもやりがいがあって
ワクワクするものなのです

会社を創業する時
ワクワクしていたでしょう
それと同じことなんですよ

【資金繰り】を活用して
お金の悩みから解放されてください

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…

ご相談フォームへお願いします。

【メルマガ】

『事業再生の現場から

   ~リアルレポート~』

クライアントの現場で日々起こる事件をどう解決して

いくのか?ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

-計画, 資金繰り

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.