0120-740-105

対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

お急ぎの方は至急お電話下さい 平日9:00〜20:00対応可能
対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

倒産 資金繰り 赤字の会社

赤字脱出できる計画の作り方と…

投稿日:2017年8月29日

■残すべき利益はいくらなのか

資金ぐりが大変な会社で
社長や幹部社員と
計画を立てるときの基本は
「会社が存続できる利益額」
を明確にし
そこから遡って考えてみることです

中には勢いで
「売上150%増加!」
と言ってしまう社長もいます

それは意気込みとしても大切ですし
実際、営業活動をたいしてしていなかったので
ちょっとやればそれぐらい上がる
という会社もあります

150%の根拠がしっかりしていれば
いいのですが…
そんな会社ならここまで
資金繰りが大変になってない!
とも思います

さて
「会社が存続できる利益額」
ですが
・借入返済額
・税金(特に消費税)
も考慮して考えなくてはなりません

決算で数万円の黒字になったとしても
借入返済が年間500万円あれば
キャッシュはマイナスになってしまいます

(10年間の資金繰り計画を作るときなど
この部分を注意しなくては銀行借入がなかなか減りません)

■経費と人件費の適正額は…

計画を作るとき社長ともめるのが
この部分です

社員を大切に思っている社長ほど
現状の給与水準を守ってやりたいし
リストラなんかもってのほかだ!
と考えています

確かにその通りです

しかし
・その人件費をかけて売上はいくら上がるか?
・その人件費をかけて原価はいくら下がるか?

・その予想売上・原価が達成されるのはいつごろか?

・達成まで、その人件費を維持することができるか?

を綿密に計算しないと
倒産して全社員が路頭に迷うことになります

再生計画を立てる上で
「人件費」は各部署の行動プランも
合わせて考える必要があります

■人件費が決まれば売上、原価が決まる

人件費(=営業マンや工場社員の数)が決まれば
おのずと売上や原価が決まります
そして粗利益額も決まってきます

「決まってきます」と自然に数字が浮き出てくる
ような言い方をしましたが…

決してそうではなく

人件費 ⇔ 売上 ⇔ 原価率 ⇔ 原価

の数字を少しずつ変化させ、
それに伴う行動プランを考え、
できることできないことを考え…

大変な労力と時間で計画は作られていきます
「コンサルさん過去の数字と一般的な水準で作っといて」で
できるものではなく社長、幹部と膝を突き合わせながら
徐々に形ができてくるのです

でもここまで考えて作った計画なら
後は計画どおり
・売上
・原価
・人件費(これがあまりズレない)
・経費
を達成するように打ち込むだけです

シッカリと時間を使い作った計画では
よほどのことが無い限り
大きくずれることがありません
(反対に、突貫工事で作った計画はよくズレます)

■決められたことを実行するのはカンタン

人は明日何をすべきなのか?
今からすべきことが何なのか?
ハッキリわかっていればすぐ行動できます

「なかなかお尻が重いんだよね」
という人は
すべきことが明確化されていないことが多いです

計画通りの行動プランを実行する!
と決まっていればやることは明確化されているはずです

後は「早くやれ~!」っとお尻をたたく人がいれば
行動に移せます
そして実績、結果が出ないのであれば
修正プランを考えまた実行していくだけなのです

長々と文章を書いてますが
「PDCA」をしっかりやりましょう
ということしか言っていません

P:会社が存続できる利益額から考える計画

ができればあとは行動だけです
必ず再生するという想いとミックスで
突き進んでください

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…

ご相談フォームへお願いします。

 

【メルマガ】

『事業再生の現場から

   ~リアルレポート~』

クライアントの現場で日々起こる事件をどう解決

していくのか?ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ニュースレターを購読します

-倒産, 資金繰り, 赤字の会社

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.