0120-740-105

対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

お急ぎの方は至急お電話下さい 平日9:00〜20:00対応可能
対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

倒産 相談内容 資金繰り

相談時に聞かれることランキング

投稿日:2017年8月7日

■相談時に聞かれることランキング

1.このままいけば会社はどうなりますか
2.お金を借りることはできますか
3.他社はどうしていますか
4.会社を続けるにはどうしたらいいですか
5.未払金をどうすればいいですか

大きく分けるとこんな感じです

1.は、【我が社の将来を専門家から見てどう思うか?】

「続けられる」と言ってほしい VS「諦めろ」と背中を押してほしい
この二つを聞きに来られています
※切羽詰まった状況にある社長が多い。第三者の最終的な意見を聞いてみたい

2.は、【お金を借りる方法を教えてほしい】

・上手な借り方を教えて
・銀行には断られているが何とかならないか

※お金が有れば自分で当面は何とかできる社長が多い。

3.は、【他の会社は似たような状況でどうやっているの?】

・ウチみたいに苦しい会社はどうやって生きているのか聞きたい
・Ⅴ字回復した方法を聞きたい
・ウチはどれくらいのヤバさレベルか知って安心したい
(暗に、「もっとひどい会社でも生き残っている」と言ってということです)

※周りと比べてウチはどうなのかを気にする社長が多い

4.は、【具体的に明日からどう行動すればいいか?】

・どうしても会社を潰したくない。何をすればいい?
・すぐ倒産するレベルにはないが今のうちに改善したい。何をすればいい?

※まだまだ自分で行動して状況を変えてやるという社長が多い

5.は、【未払いが増えすぎて差押えや取引停止が起こりそうな状況】

・税務署に滞納税金があり差押え予告通知がきたので焦っている
・業者から取引停止を受けて仕事をできなくなってきた
・事業を続けながら未払金を解消することは可能なのか?

※問題を先送りしてしまって行き着くところまで来てしまった社長が多い

■社長は現状をどうにか変えようと必死です

各社資金繰りがしんどいという症状は同じですが
細かい原因は100社あれば100社とも違うことを
いつも痛感します

「ビジネスに対する前向きな考え方」や
「社員を巻き込んで全員で立て直す」ための
心の在り方は100社とも同じです

しかし
経営の管理の仕方や
業者、税務署、銀行、社員に
対する「やり方」を間違えてしまうと
資金繰りはなかなか改善しません

「やり方」は優先順位があります
社長が必死で行動しても
間違えたやり方では時間とお金が
ムダに減っていってしまいます

1~5.以外にも
家族の将来のことや
社員の勤務態度で
業績が左右して悩んでいる社長もいます

道に迷ったらご相談ください
解決策をお伝えします

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…

ご相談フォームへお願いします。

 

【メルマガ】

『事業再生の現場から

   ~リアルレポート~』

クライアントの現場で日々起こる事件をどう解決

していくのか?ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ニュースレターを購読します

-倒産, 相談内容, 資金繰り

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.