働き方 資金繰り

経営を大きく変える資料はどこにある?

投稿日:2017年7月26日

■経理社員が忙しい理由

クライアント訪問では
社長の次によく打合せをするのが
経理社員です

そこでよく相談されるのが
「作っても誰も見ないし経理の資料を減らしたい」

誰も見ない資料を作ってるんですか?
と驚くかもしれません
私も中小企業で経理責任者をしていたので
わかるんですが…
作ってます。誰も見ないのに。

作成した当初は意味があったと思います
前任の経理社員が
「あ、この資料合った方が便利かも」
と作ったりします

それより多いのが社長の思い付きで
「こういう資料作っといて。会議で数字確認するから」
ということで
第1回会議では確認するのですが
第2回以降は議題にすらなっていない

しかし社員は言われた通り作り続ける
経理が退職したとしても
後任が意味も分からず作り続ける…

これ、多いです

そんな時は
必要かどうかの判断をするのですが
活用すればなかなか良い資料があったりするのです

■経理資料の断捨離の方法は…

まず経理資料はなぜあるのか?

再生ステージにある会社は
どんぶり勘定をやめるために必要です
資料を活用し自社の現在地(成績)を確認するのです

資料からわかることには
5つのレベルがあります

数字を見て…
①「ふーん」
(何か書いてある。読めないアラビア語などが混ざっていても気づかないレベル。数字に興味のない新入社員はこんな感じ)

②「ふーん、なるほど」
(今月の売上額が分かった。末端の社員はこんな感じ)

③「お、なかなか良かったな。悪かったな」
(先月より営業成績が良かった!など感想・感情が現れる。普通の社員はこんな感じ)

④「あの受注が良かったな。悪かったな」
(数字が良かった原因、悪かった原因を思い当たる。普通の管理職はこんな感じ)

⑤「あれが原因で計画未達だった。来月はあれをこうしよう」
(良かった悪かった原因を分析し改善策を考える。できる管理職はこんな感じ)

■相談にこられる社長で一番多いのは…

②です
(たまに資料すら作ってないので何もわからない会社もありますが…)

目指すのは⑤です
良い会社の経営者に話を伺うと
「資料を見て管理、判断せずに、社長は何の仕事をしてるのか?」
と逆に驚かれます

そうはいっても
中小企業の社長は
営業マンであり、現場作業員であり
お金の管理もしている大蔵省であったりするので
管理、判断する時間を取るのが難しいのも事実です

しかし
資料を見ない、管理しない、判断しないままで
経営が良くなることは絶対にありません

ライバル会社は管理・判断をやっています
成り行き経営だから改善策がわからず
ライバル会社に負けているのです

私は会計事務所に勤務していたこともあるので
どういう資料を作り、管理・判断するのかを
社長と共に考えることができます

「経営」という経営者本来の仕事をするために
有効な資料作りをしてください
ライバル会社に勝ち、利益を出すという
当たり前の経営をしていきましょう!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…

ご相談フォームへお願いします。

 

【メルマガ】

『事業再生の現場から

   ~リアルレポート~』

クライアントの現場で日々起こる事件をどう解決

していくのか?ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ご相談・お問合わせはこちら
ご相談・お問合わせはお電話またはメールにて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。 

お電話でのご相談・お問合わせはこちら

TEL:0120-740-105 (スマホの方は直接タップして電話可能です:平日9:00~20:00) 

メールでのご相談・お問合わせはこちら

▶お問合わせフォームはこちら 

  経営者の右腕として資金繰りサポート経営計画作成支援資金調達サポート経理部長代行創業支援の対象地域は以下の通りです。

▶対応地域の詳細はこちら

関西地区全域(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県)
中国地区全域(岡山県・広島県・山口県・島根県・鳥取県)
四国地区全域(香川県・徳島県・愛媛県・高知県)
中部地区(愛知県・岐阜県など)

※その他の地域も相談に応じます。

 

-働き方, 資金繰り

Copyright© 資金繰り改善の経営相談|大阪の事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.