0120-740-105

対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

お急ぎの方は至急お電話下さい 平日9:00〜20:00対応可能
対応地域:大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良

リスケ 倒産 資金繰り 赤字の会社

「試算表」より「資金繰り表」が重要?

投稿日:2017年6月26日

■銀行が3ヶ月に一度求めてくる資料は…

試算表が大切なのは
銀行が定期的に提出を求めてくるので
肌身に感じていると思います

毎月の成績表なので当然ですね
これが「経営資料だ!」と思っている社長も多いでしょう

次に銀行に提出を求めてくるのが
資金繰り表や受注表です

これは
成績というより
お金はちゃんと回っているかな?
銀行への返済は大丈夫かな?
を銀行マンは確認しています

■相談の時、確認したいのは資金繰り表

資金繰り表には
会社規模にもよりますが
入金は「売掛金」と「借入金」
出金は「買掛金」と「経費」と「返済」
が大まかに書かれているものもあります

正しいんですけど
ほんとに大まかすぎて
相談の時、困ることがあります

社長の頭の中でも
大まかにしかわかっておらず
「買掛金」の中の材料代金や
外注人件費はいくらあるか?
を聞いてもちんぷんかんぷんなことが多いです

それでも社長から
「お金が足りません。どうしたらいいですか?」
と聞かれたら何か答えないといけないので…
困ってしまいます

大まかな資金手当ての方法をお伝えして
帰り際に弊社の「資金繰りエクセルフォーマット」
をお渡しし後日、再面談です

資金ショートの状況は大きく変わっていないので
スピードが必要なのですが
今度は「買掛金」の科目も支払業者名も分かっています
この業者にどう延滞分割してもらうか?
あの得意先の入金は締め日前倒ししてもらえないか?
メインバンクに保証協会付きや折返し融資をしてもらうには
どのような資料が必要か?
といった話ができるのです

■資金繰り表は気が重くても作る。毎日確認する。

資金繰りに追われている会社が「普通の会社」になるには
時間がかかります
しかし資金繰りショートの回避に時間はかけることができません

資金繰りが厳しくなってくると
お金の現実を見るのがイヤになって
資金繰り表をつけることや確認することから
逃げてしまいます

覚悟を決めて
資金繰り表を確認してください
未払いや部分払いで業者にいくら払わないといけないのか?
税金や社会保険の滞納はどうなっているのか?
もエクセルに入力してください

そして
細かなところまで確認できなかったとしても
「これが現実なんだ」と大まかに把握できたら
相談に来てください
ここで時間をかけることはできません
遅れれば遅れるほど打つ手は減ってしまいます

これからどうしていけばいいのか?
を社長と共に考え支援します!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

経営に関するご相談や、記事に対するご質問は…

ご相談フォームへお願いします。

 

【メルマガ】

『事業再生の現場から

   ~リアルレポート~』

クライアントの現場で日々起こる事件をどう解決

していくのか?ぜひご購読ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ニュースレターを購読します

-リスケ, 倒産, 資金繰り, 赤字の会社

Copyright© 資金繰り改善・事業再生支援はSME経営 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.